お問い合わせ先 » 096ー327ー2600 (受付時間:9時~17時 ※火、土、日除く)

一般財団法人 熊本公徳会

顕彰

トップページ » 顕彰

公徳賞の贈呈

公徳賞の贈呈

武道や体育、文化、社会教育などの各分野で活躍、顕著な功績を残し後進の育成などに献身尽力した団体、個人を顕彰しています。

「公徳賞」受賞者の紹介

「公徳賞」受賞者一覧

公徳文芸賞の主宰

公徳文芸賞の主宰

県内の高校生を対象に自由詩、短歌、俳句、肥後狂句を公募。優秀作品を表彰しています。

「公徳文芸賞」受賞者の紹介

「公徳文芸賞」の応募についてはこちら

「公徳賞」受賞者紹介 (過去3回分)

第14回 公徳賞受賞者

第14回「公徳賞」贈呈式 第14回「公徳賞」贈呈式
(2016年12月8日)
  • 熊本婦人ボランティアの会(代表 藤江京子)

    昭和49年の発足以来、福祉施設などで奉仕活動を展開、ボランティアのすそ野拡大と意識の向上に貢献したことが大きく評価されました

  • 熊本箏演奏者協会(代表 二宮晶代)

    昭和62年から定期演奏会を開くと同時に後継者育成のためのコンクールも開催。

    日本の伝統文化の普及、発展に努めてきました。

第13回 公徳賞受賞者

第13回「公徳賞」贈呈式 第13回「公徳賞」贈呈式
(2015年12月11日)
  • 泉勝壽

    阿蘇高校の剣道部監督として27年間、生徒の指導に当たり、同校剣道部を全国トップレベルの強豪に育て上げました。

    また国体剣道少年女子の監督も務め、平成7年から史上初の5連覇を成し遂げるなど、剣道王国熊本を築きました。

    情熱あふれる厳しい指導と同時に、礼節を重んじる指導も公徳賞にふさわしいと高く評価されました。

    強くなるには「心を磨きなさい」「思いやりの心、感謝の心を大事にしなさい」-剣道場は人間形成の場でもありました。

第12回 公徳賞受賞者

第12回「公徳賞」贈呈式 第12回「公徳賞」贈呈式
(2014年12月12日)
  • 熊本いのちの電話 (理事長 福田稠)

    昭和60年に自殺予防を目的に、日本で20番目の「いのちの電話」として開設。

    以来、孤独と不安に苦しみ、生きる力を失いかけている人たちの心を癒し続けてきました。

    優しさに満ちた長年の尊い取り組みが評価されました。

  • 中村勝子

    知的障がいのある人たちの自立と社会参加を支援しようと、平成5年にスペシャルオリンピックス熊本を立ち上げ、さらにその輪を全国に広げました。

    障がい者と共に生きる社会の実現に向けた、卓越した行動力と情熱が評価されました。

これまでの受賞者の一覧はこちらをご覧ください。

「公徳文芸賞」受賞者紹介 (過去3回分)

第13回 公徳文芸賞入賞者

第13回 公徳文芸賞表彰式 第13回 公徳文芸賞表彰式
(2016年11月12日)
  • 最優秀賞と優秀賞の作品および選評 (PDF)
  • 俳句部門
    最優秀賞
    坂本明日花(信愛3)
    優秀賞
    倉本光(尚絅3)、岡村眞由(信愛3)、甲斐梨華(熊工1)、酒井光(文徳1)、永田真由(球磨工業2)
    入選
    岩下ゆま(尚絅3)、鹿釜遼夏(熊工1)、甲斐歩(矢部1)、川﨑彩花(信愛3)、稲津栞(尚絅3)
    努力賞
    橋本苑佳(尚絅3)、大林悠人(水前寺3)、馬場優花(尚絅2)、緒方日生(御船2)、伊藤蓮理(第二1)
  • 短歌部門
    最優秀賞
    村上夏穂(第二1)
    優秀賞
    西田翼(マリスト1)、末岡雪音(熊本3)、幸野未紀菜(高専1)、久連松加菜(熊工2)、椎葉奏(球磨工業2)
    入選
    安永治樹(マリスト1)、川嵜萌(済々黌3)、岩根明加(菊池女子3)、本田遥香(熊本西2)、反頭陸(九学2)
    努力賞
    松村侑里(尚絅2)、守屋数人(城北2)、西村拓磨(球磨工業2)、上妻七海(県立盲3)、杉本麗奈(玉名1)
  • 自由詩部門
    最優秀賞
    出水田雅人(球磨工業3)
    優秀賞
    大山夏音(第二1)、中山遥菜(宇土3)、山下拓真(済々黌1)、甲斐エリカ(球磨工業2)、川口くるみ(第一1)
    入選
    吉澤綾葉(第一2)、田中悠佳(尚絅2)、永田直美(尚絅2)、大柿稔真(球磨工業2)、徳重有咲(マリスト3)
    努力賞
    今別府隼人(第二1)、土肥滉史(球磨工業2)、西田和也(球磨工業2)
  • 肥後狂句部門
    最優秀賞
    長濵幸夏(城北2)
    優秀賞
    山内優奈(第二1)、岩本美鈴(第一2)、関野宇宙(城北2)、𡈽橋奈々(尚絅2)、板平京佳(玉名女子2)
    入選
    小山萌々子(玉名1)、石峰稜斗(球磨工業2)、坂本菜々子(熊本西2)、野田さくら(玉名女子2)、一橋佑輔(球磨工業2)
    努力賞
    高橋直佑(マリスト2)、上妻七海(県立盲3)、堅島敢太郎(熊本3)、甲斐響歌(城北3)、松村千生(九学2)

第12回 公徳文芸賞入賞者

第12回 公徳文芸賞表彰式 第12回 公徳文芸賞表彰式
(2015年11月28日)
  • 最優秀賞と優秀賞の作品および選評 (PDF)
  • 俳句部門
    最優秀賞
    平山翔(八代1)
    優秀賞
    髙田紗椰佳(信愛3)、濱田夏樹(信愛3)、東ほのか(九州学院3)、中村美咲(水前寺2)、伊東準平(球磨工業3)
    入選
    古閑壮馬(第二2)、亀田梨沙(尚絅2)、酒井夢(信愛3)、野津原詳子(信愛3)、原野伊澄(信愛3)
  • 短歌部門
    最優秀賞
    吉村瑞樹(八代3)
    優秀賞
    村上裕香(第二2)、中島健太郎(第二2)、河野瑚乃美(済々黌2)、福田凪沙(九州学院3)、森田愛加(尚絅1)
    入選
    蓮池史弥(八代3)、溝口香菜(球磨工業2)、松村直紀(文徳1)、池田宗也(八代3)、古荘沙也香(城北1)
  • 自由詩部門
    最優秀賞
    村井香音(九州学院2)
    優秀賞
    野口実奈(尚絅2)、出水田雅人(球磨工業2)、米光海人(済々黌3)、上藤梓(第一3)、馬場優花(尚絅1)
    入選
    雪田明日海(九州学院3)、田中悠佳(尚絅1)、牛塚広貴(球磨工業3)、富永光(球磨工業2)
  • 肥後狂句部門
    最優秀賞
    鬼塚遼汰(八代3)
    優秀賞
    髙木弘之(球磨工業2)、野口実奈(尚絅2)、上原未来(尚絅2)、大城匠(城北1)
    入選
    市村元(九州学院1)、田中偉雄里(城北1)、東矢伊織(尚絅1)、有田智哉(球磨工業2)、岩吉知茉(甲佐3)

第11回 公徳文芸賞入賞者

第11回 公徳文芸賞表彰式 第11回 公徳文芸賞表彰式
(2014年11月29日)
  • 最優秀賞と優秀賞の作品および選評 (PDF)
  • 俳句部門
    最優秀賞
    書川佑理(信愛2)
    優秀賞
    細木美緒(城北1)、田代大晴(文徳2)、辻光(文徳2)、岡瑠菜(球磨工2)、長尾麻耶(城北2)
    入選
    皆越笑夢(信愛2)、森山大賀広(文徳2)、前田紗璃奈(球磨工3)、米村美輝(熊本1)、箱﨑修平(玉名2)
  • 短歌部門
    最優秀賞
    岩永忠哉(第二2)
    優秀賞
    福田凪沙(九学2)、綾千恵美(第二2)、奥村春華(城北2)、髙岡さり(熊本高専1)、本多倫大(球磨工2)
    入選
    岩見百々日(第二2)、清田祥之(玉名2)、佐藤僚哉(第二2)、松坂拓実(球磨工3)、藤原祐太(マリスト3)
  • 自由詩部門
    最優秀賞
    迫田熙基(球磨工2)
    優秀賞
    村井香音(九学1)、椎葉光樹(球磨工2)、上村祐斗(球磨工3)、雪田明日海(九学2)、前田夢海(玉名2)
    入選
    池田充優(球磨工2)、清田浩美(球磨工2)、米光海人(済々黌2)、椎葉美咲(球磨工2)、島田礼佳(熊本西2)
  • 肥後狂句部門
    最優秀賞
    戸上雄揮(玉名2)
    優秀賞
    入田瑞稀(城北1)、岡瑠菜(球磨工2)、津江楓馬(城北3)、横手耀媛(城北1)、鈴木瑠花(城北2)
    入選
    谷川凌(球磨工3)、堅島敢太郎(熊本1)、山隈拓巳(城北3)、島田礼佳(熊本西3)、田中更沙(尚絅2)