お問い合わせ先 » 096ー327ー2600 (受付時間:9時~17時 ※火、土、日除く)

一般財団法人 熊本公徳会

機関誌

トップページ » 機関誌

機関誌『公徳』を毎年2回発行しています。

機関誌『公徳』

平成10年創刊以来、毎年2回発行。

主催する社会教育講演会の詳録、「こころの時代を考える」セミナーの抄録、共催の郷土の先哲を顕彰する講演会やシンポジウムなどの要旨を掲載しています。

機関誌「公徳」バックナンバー (過去6号分)

第32号 (2017)

第32号
  • 【講演会】

    「熊本地震から学ぶ」 講師 須藤靖明氏 (阿蘇火山博物館学術顧問)
    復興を願い中高生たちが「ダンスパフォーマンス」と「さくらコンサート」

  • 【こころの時代を考えるセミナー】

    平成29年度前期 抄録

  • 玉名市で「熊本の心」県民大会 作文コンクール表彰も
  • 【教育講演会】

    「詩吟の魅力」 講師 吉川有香 (熊本県吟詠連盟理事長)

  • ほっとはぁーとマーケットを開催

第31号 (2017)

第31号
  • 第14回 公徳賞に2団体
  • 【教育講演会】

    「オリンピックへの挑戦」
    講師 後藤忠治氏 セントラルスポーツ(株)会長
    水泳実技指導 渡邉一樹氏(ロンドン五輪背泳ぎ6位入賞)

  • 【こころの時代を考えるセミナー】

    平成28年度 抄録

  • 第13回「公徳文芸賞」入賞者
  • 公徳杯少年少女剣道大会・柔道大会
  • 農業高校フェア
  • 特別支援学校文化作品展

第30号 (2016)

第30号
  • 【社会教育講演会】

    「音楽で心に潤いを」
    藤川いずみ氏(箏曲家)

  • 【こころの時代を考えるセミナー】

    平成27年度後期抄録

  • 第12回「公徳文芸賞」入賞作決まる
  • 熊本市で熊本の心県民大会 作文コンクールの表彰
  • 【くまもと文学・歴史館閉館記念講演会】

    「作家になるまで 私の中の『熊本の心』」
    出久根達郎氏(作家)

第29号 (2015)

第29号
  • 【社会教育講演会】

    「認知症を考える『脳とこころ』~最新医療の現状とケアのあり方~」
    橋本衛氏(熊大大学院生命科学研究部 神経精神医学分野准教授)

  • 【こころの時代を考えるセミナー】

    平成27年度前期抄録

  • 公徳杯少年少女剣道・柔道大会
  • 【講演会】

    「漱石文学における熊本的なもの~もうひとつの近代~」
    石原千秋氏(早稲田大学教授)

  • 【講演会】

    「いのちをつなぐ言葉の力」
    葉 祥明氏(絵本作家、画家、詩人)

第28号 (2015)

第28号
  • 【教育講演会】

    「もっと人生を楽しもうよ」
    落語家 林家きく麿氏

  • 【こころの時代を考えるセミナー】

    平成26年度後期抄録

  • 第十一回「公徳文芸賞」入賞者決まる
  • 宇土市で「熊本の心」県民大会開かれる
  • 「新宿くまもと物語 わが青春のムーラン・ルージュ」
    多くの入場者を集めた熊本・新宿公演

第27号 (2014)

第27号
  • 【社会教育講演会】

    「習近平の腐敗官僚狩りと政権への怯え」
    富坂聰氏
    (ジャーナリスト、拓殖大学海外事情研究所教授)

  • 【こころの時代を考えるセミナー】

    平成26年度前期抄録

  • 公徳杯少年少女剣道・柔道大会
  • 【形を見せた漱石記念年】

    (生誕百五十年、没後百年)事業
    <講演会>「漱石の名作の舞台 熊本」姜尚中氏(聖学院大学長)

  • 「知らない人にはついていかない」
    護身術教室に親子ら146人参加