お問い合わせ先 » 096ー327ー2600 (受付時間:9時~17時 ※火、土、日除く)

一般財団法人 熊本公徳会

機関誌

トップページ » 機関誌

機関誌『公徳』を毎年2回発行しています。

機関誌『公徳』

平成10年創刊以来、毎年2回発行。

主催する社会教育講演会の詳録、「こころの時代を考える」セミナーの抄録、共催の郷土の先哲を顕彰する講演会やシンポジウムなどの要旨を掲載しています。

≪ 機関誌『公徳 第38号』を無料配布しております ≫

ご希望の方は封筒に送料(180円分の切手)を添えて 〒860-0845 熊本市中央区上通町2-31 びぷれす熊日会館6F 熊本公徳会「公徳38号」希望 宛 に郵便でお申し込みください。

機関誌「公徳」バックナンバー (過去6号分)

第38号 (2020)

第38号
  • 【第18回公徳賞】

    NPO法人オハイエくまもとに贈呈

  • 【熊本公徳会 設立75周年記念講演会】

    子どもの貧困問題への理解を通して -地域社会として取り組めること
    山西裕美氏 (熊本学園大学 社会福祉学部教授)

  • 健康づくりへの意識を高める

    第2回「健康長寿いきいき講座」開催

  • 【第17回「公徳文芸賞」の入賞作決まる】

    過去最多5832点の応募

第37号 (2019)

第37号
  • 【第17回公徳賞】

    熊本市公園愛護会連合会と一門惠子氏に贈呈

  • 【熊本公徳会 設立75周年記念講演会】

    人口減少、高齢化社会において、住みなれた場所に住み続けるために
    仁科伸子氏 (熊本学園大学 社会福祉学部教授)

    健康づくりは『貯筋』から ~元気な生活の基本として~
    阪本達也氏(崇城大学 総合教育センター講師)

  • いつまでも元気で明るく「健康長寿いきいき講座」を開催
  • 【こころの時代を考えるセミナー】(2019年度後期抄録)
  • 【第16回公徳文芸賞の入賞作決まる】

第36号 (2019)

第36号
  • 【びぷれす広場で20回目の演奏会】

    高校生らが熊本城復興支援の募金活動も

  • 【熊本公徳会 設立75周年記念講演会】

    グローバル時代を生きる心と知識と技
    -異文化理解と異文化コミュニケーションを中心に-
    佐藤勇治氏(熊本学園大学 外国学部教授)

    薬と上手につきあうために
    宮村重幸氏(崇城大学 薬学部教授)

  • 【八代市で「熊本の心」県民大会】

    作文コンクールの表彰式も

  • 【こころの時代を考えるセミナー】

    2019年度後期 抄録

  • 熊本市で「木村韡村顕彰会 記念講演会」

第35号 (2018)

第35号
  • 【熊本公徳会 設立75周年記念講演会】

    美味しくて面白い発酵食品と健康
    寺本祐司氏(崇城大学 生物生命学部教授)

    今、農村政策をどう改革するか
    -EUと日本との対比において
    山内良一氏(熊本学園大学 名誉教授・シニア客員教授)

  • 【小国町で「第2回柴三郎プログラム夏季セミナー」】

    医学を志す高校生19人が参加

  • 【第16回公徳賞】

    菊池の御松囃子御能保存会と上塚尚孝氏に贈呈

  • 【第15回公徳文芸賞の入賞作決まる】

    4部門に3692点の応募

  • 【こころの時代を考えるセミナー】

    平成30年度後期 抄録

第34号 (2018)

第34号
  • 【熊本公徳会 設立75周年記念講演会】

    豊かな国、貧しい国
    ―発展途上国の貧困の罠―
    エイ・チャン・プイン氏(熊本学園大学経済学部准教授)

    世界遺産サクロモンテに見る聖地への憧れ
    ―西洋と日本の代用巡礼と美術―
    関根浩子氏(崇城大学芸術学部教授)

  • 【振武館開館85周年記念】

    園児を対象に「ちびっこ剣道教室」

  • 【こころの時代を考えるセミナー】

    平成30年度前期 抄録

  • 菊池市で「熊本の心」県民大会

第33号 (2017)

第33号
  • 第15回 公徳賞に1団体、1個人
  • 【社会教育講演会】

    人工知能の最新動向「医療や社会インフラでの適用事例のご紹介」
    講師 原裕貴氏(富士通株式会社 執行役員)

  • 「柴三郎プログラム夏季セミナー」初開催
  • 【こころの時代を考えるセミナー】

    平成29年度後期 抄録

  • 公徳杯少年少女剣道、柔道大会を開く
  • 第14回「公徳文芸賞」入賞作決まる
  • 護身術教室を開催
  • 第2回農業高校フェア開催
  • 第2回JA阿蘇農畜産物販売会開く
  • 第2回特別支援学校文化作品展開く